大阪市で探偵事務所に伴侶の不倫の相談を行い行動調査を依頼して証拠を見つけます

大阪市で不倫調査を頼みたい時は頼れる探偵事務所に無料で相談できて今すぐ解決へ

MENU

大阪市で探偵が不倫相談の調査で手を付ける流れと内容

不倫に関する調査を探偵事務所に無料相談に頼み、調査内容から見積もりを算出していただきます。

 

調査方式、調べた内容、見積り金額に許諾できましたら本契約を履行させていただきます。

 

契約を実際に結びましたらリサーチが始まります。

 

調査する不倫は、通例2人1組で進めていくことがあります。

 

ただし、要望を報いて担当者の数を順応させていただくことは問題ありません。

 

探偵事務所の不倫に関する調査では、調査の合間に報告が随時入ってきます。

 

ですので調査の進捗具合を常時知ることが不可能ではないので、常に安心することができます。

 

 

当事務所でのリサーチの取り決めは規定の日数は定めておりますため、決められた日数の不倫調査が完了しましたら、調査内容と全結果をまとめました依頼調査報告書を得られます。

 

調査した結果の報告書には、詳しくリサーチ内容についてレポートされ、依頼調査中に撮影された写真等も添付されています。

 

不倫調査のち、依頼者様で訴訟を申し立てるようなケースでは、ここでの不倫調査結果の内容や写真類は重大な裏付となります。

 

不倫調査を我が探偵事務所へ要請する狙い目としては、このとても大事な証明を掴むことがあります。

 

もしも、報告書の中身で納得できない時は、調査を続けてお願いすることも可能です。

 

ご依頼された調査の結果報告書に同意して契約が完了したその時、これらでご依頼された不倫の調査はすべて終わりとなり、とても大事な不倫調査記録も当探偵事務所が処分されます。

 

大阪市で不倫調査は探偵が掴んだ証拠を裁判に提出します

不倫の調査といえば、探偵オフィスを思い浮かびますよね。

 

「探偵」とは、お客様の依頼を受けて、周辺の聞き込みや、尾行や、監視などの様々な方法を使い、依頼された目標の住所や行動のインフォメーションをかき集めることが仕事です。

 

探偵事務所の仕事は沢山ありますが、多いのは不倫調査です。

 

やはり不倫調査は特別にあるのでございます。

 

秘密性が高いとされる探偵は、不倫調査にバッチリ!といえますね。

 

当探偵事務所に不倫調査を依頼したら、プロフェッショナルならではの知識や技術を使用し、依頼者様が必要とされるデータを寄せ集めて報告してもらえます。

 

不倫の調査のような調査の依頼は、前まで興信所に申し出るのが当然でしたが、興信所には相手の身元確認、企業の雇用調査がほとんであり、探偵のように内密に行動するのではなく、対象の人物に依頼を受けて興信所から派遣された調査員だと言います。

 

さらに、興信所のエージェントはそれほど詳しく調べません。

 

親しい知人へ依頼に関する聞き込みするだけということもしばしばあります。

 

 

ここ何年かの不倫の調査では、ターゲットに気づかれないように、身のまわりの調査をしてもらいたい人が多いので、探偵の方が興信所よりもメリットは大きいですね。

 

探偵会社にに関する法は以前はありませんでしたが、厄介な問題が後を絶たなかったことから2007年6月に探偵業法が施行されました。

 

それにより、所定の届出を出さなければ探偵と名乗ることができないと定められています。

 

このため健全な探偵業務がすすめられていますので、心から安心して不倫調査を任せることができるのです。

 

不倫問題の可能性があった時は最初は探偵を営むものに相談することをすすめたいと思うんです。

 

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

大阪市で探偵に不倫調査を依頼時の経費はいくらかかる?

不倫調査で必要なことは探偵への要望ですが、手に入れるためには裏付等を施術に納得がいかなかった場合に、有能な分、払うお金が高くなる動向があります

 

むろん、依頼頂く探偵事務所等によっては費用が違いますので、いろいろな探偵の事務所があるならそのオフィスごとに料金が変わるでしょう。

 

不倫リサーチでの場合では、行動リサーチとして1人ずつ調査料金がかかります。調査員の人数が増えていくと料金が増えた分だけ高くなっていきます。

 

調査には、尾行のみと結果だけの簡単な調査と、事前の調査と特殊な機材、証拠の動画、調査報告書で報告する「基本調査」があります。

 

行動調査のかかる代金は、1hずつを一つの単位としています。

 

 

契約した時間を超えても調査を続行する場合には、延長料金がさらに必要になるでしょう。

 

尚、調査員1名で60min当たりの延長料金がかかってきます。

 

それと、車両を使うときには車両を使用するための代金がかかってしまいます。

 

1日1台あたりで決めています。

 

乗り物種類や数によって金額は変化します。

 

それと、交通費やガソリン代などの調査するのに必要な諸経費等別途、かかります。

 

 

あと、その時の現場状況に合わせてになりますが、特殊な機材などを使うときもあり、それによりの費用がかかったりします。

 

特殊な機材の中には、暗視ゴーグル、カムフラージュカメラ、ピンホールカメラ、盗聴器、監視用モニターなど様々な機器が準備できます。

 

探偵ではこれらの特殊機材を使用して高いスキルで難しい問題も解決に導くことができます。